----- ブログ運営に年齢制限なし!  40~50代の方でも 熱烈応援中!! -----
Sponsored Links

投稿のステータスを投稿一覧で色分け「Colored Admin Post List」の使い方

WordPressの投稿の状況って
下書き投稿、予約投稿、公開済みと3種類がメインですが
投稿一覧ページを開いてもあまりわかりにくいですよね。
そこで各ステータスに色を付けて見やすくする
プラグイン「Colored Admin Post List」の紹介です。
自動で色分けしてくれるので便利ですよ。
ここでは画像付きで使い方を説明してるので参考にしてみてください。

Colored Admin Post Listとは

WordPressの投稿一覧ページにある
各投稿ステータスを色分けできるプラグインです。
ステータスは、下書き投稿、公開済み投稿、予約投稿、プライベートがあります。
なお、色分けは有効化時に自動で反映されます。

プラグイン「Colored Admin Post List」のインストール

それでは始めていきましょう。
WordPressにログインしたら
ダッシュボードから「プラグイン」→「新規追加」へとクリックします。

プラグインを追加のページが表示されたら
キーワード検索欄に「Colored Admin Post List」と入力しましょう。
検索結果は、自動で反映されます。

Colored Admin Post Listを見付けたら
「今すぐインストール」をクリックします。
*下の方や右側、または違うページにある場合があります。

インストールが終わると「有効化」をクリックしましょう。

有効化すると自動でインストール済みプラグインのページに移動します。
もし、WordPressバージョンの違いで移動しない場合は
自分で「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」に移動しましょう。

これでColored Admin Post Listのインストールは終わりです。

各投稿ステータスの色分け

このプラグインは有効化するだけで自動的に色分けされます。
特に初期設定などがないため投稿一覧ページを紹介していきます。

それでは管理メニューから
「投稿」→「投稿一覧」をクリックしましょう。

すると画像のように各ステータスごとに色分けされます。
赤色が下書き保存状態なので使いやすいかと思いますよ。

これでColored Admin Post Listの紹介は終わりです。

投稿一覧や便利なプラグインは他にもいろいろありますよ。
投稿一覧ページで年単位の絞り込みを可能にするものや
メモ機能を追加するものもあります。
また、投稿一覧ページにリビジョンを表示したり
最終更新日時を表示するものまでありますよ。
興味のある方はここより参考にしてみてください。

まとめ

投稿一覧ページにある投稿をステータスごとに色分けするプラグインでした。
各投稿の状況が色でわかると管理しやすいですよね。
特に下書き保存の色が目立つので
早く公開しないとと頑張れますよ。
初期設定も必要ないので一度試してみてはどうでしょうか。

ブログを始めたら毎年維持費もかかりますよね。
そこでこれをやらなきゃ損をするということで
ブログ維持のためにアフィリエイトを始めてみませんか。
大きく稼ぐには全力で挑む必要がありますが
ブログ維持費なら片手間でも大丈夫!
気になる方はここよりアフィリエイト会社(ASP)の紹介を見てみましょう。

にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました